乳がんの基本情報|免疫細胞療法で乳がんを克服することができる

乳がんと診断されるまでの流れと治療法

乳がんの基本情報

診察

自分で気づくことが多い

何気なく胸を触った時にしこりを発見し、詳しく検査すると乳がんだったという話はよくあります。また、パートナーが見つけるケースも少なくなく、触るとわかるくらいのしこりはステージがかなり進んでいる場合もあります。乳がんの発症率は非常に高いですが、小さいうちに見つけて治療をすることで、他のがんよりも根治する確率は十分上がります。そのためには、専門病院にて年に一回の検診を行い小さいしこりを見逃さないことがポイントになります。気になるしこりが見つかると病理組織の検査にまわされますが、この時の不安はとても大きいものです。しかし、約半数が異常なかったとの回答を得ていますから、過剰に心配する必要はありません。あくまで、しこりに異常性があるかどうかを見るための検査なのでリラックスしましょう。しかし、乳がんと診断された場合は、抗がん剤、放射線、外科手術を組み合わせて根治を目指します。

外科手術で取り除く場合

早期発見の場合、病巣を切除すれば良いですが、全身に広がると手術ですべてのがんを取り除くことは無理に等しいです。外科手術が対象となるのは、2ミリから3ミリ以下のがんで、一部を切除するのか、それとも乳房の形を損なわずに行うのかを医師や患者自身が判断します。もし、がんが乳房内で広がっているなら全摘出が最良でしょう。リンパへ転移した時はその周辺を切除し、その後に転移しているかを調べればがんが全身に広がるのを極力避けることができます。

放射線治療と化学療法

患者が外科手術を拒否した場合、あるいは手術が困難なほど進んでしまった時には抗がん剤、ホルモン療法、分子標的薬で、しこりを小さくしていきます。乳房温存治療においてもしこりを縮小させることが求められるので大変重要な部分です。しかし、化学療法では乳がんを完璧に死滅させることが困難なので、がんの性質とステージ毎に治療法を決めるための話し合いには時間をかけるべきでしょう。正常な細胞にダメージを与えず、がん細胞だけを攻撃する放射線治療は、乳がんに大きく貢献します。主に乳房温存手術をした後に取り入れられることが多く、この治療によって乳がんの再発率をグッと下げることが可能となります。ただ、乳がんで恐れられている再発に関してはそれだけでなく、定期的な診察や検診は欠かさず行なうべきでしょう。もし、再発しても発見が早ければ治療でまた回復が目指せます。

広告募集中