二人三脚のがん治療|免疫細胞療法で乳がんを克服することができる

がん治療で大切なのは計画性とサポートする医師の質

二人三脚のがん治療

患者と医師

患者に合わせた治療法を提案してくれる

全く同じがんでも、細胞の性質が違えば治療法はみんな同じとは言い切れません。これを理解している専門医師は、がん細胞に適した治療法とは何なのかを重点に考えて取り組みます。患者の中には仕事をしながら癌治療をしたい、あるいは将来を見据えた治療法を考えることもあるので、これらの思いに目を背けず、しっかり向き合う医師は治療戦略を統括して進めます。そのお陰でがん患者は、ストレスを感じることなくがん治療へ前向きになれるのです。

今は出ていなくても検査でわかることもある

将来がんになる可能性、あるいは転移や再発などはがん治療をする身として大変不安な部分です。これらのサインを見つける方法に遺伝子診断というのがあります。この検査でがんの性質とがん化した原因を掘り起こすことが可能です。また、遺伝子検査の結果を参考にすることで、より効果のあるがん治療が可能です。

効果があるものをとことん試す

がん治療をする目的は、少しでも細胞を小さくすること、そして命を繋ぐことです。そのためには、がん治療に効果があると実証されたものを組み合わせて行なう必要があります。その中には免疫細胞療法という最新の治療法もありますが、専門医によるカウンセリングと生活指導、ケアも合わせて行い、がん治療を効率よく進めていきます。

広告募集中